お問合せ
  • HOME
  • 業務内容
  • 技術案内
  • 設備
  • 会社案内

技術者・技術

ガスアシスト成形

二色成形

技術

ガスアシスト成形

ガスの力で、プラスチックはより美しく強固になる。

成形時に高圧ガスを注入するガスアシスト成形。
通常の射出成形で表れるヒケやソリ等の問題点を解決すると同時に、コストダウンも実現します。

【用途例】 インターホンの筐体
  外観が重視される製品ですが、強度を確保するためには裏側に肉厚のリブが必要。そのためヒケができやすいという課題を、ガスアシストで解決します。
【用途例】 パソコンのキーボード本体
  肉薄でソリが出やすい製品には、ガスアシスト成形が最適です。
【ガスアシスト成形のメリット】
薄物製品のヒケ・ソリ等の変形を防げる

成形時のガスの圧力により、ヒケ・ソリのない滑らかな外観を成形できます。

製品の軽量化が可能

リブの接合部分等にガスを注入するため、強度を保ちながら5〜10%の軽量化を図ることができます。

コストダウンと納期短縮が可能

低圧成形が可能なため、成形機のサイズダウンや金型の小型・軽量化ができます。また、冷却時間を最大で50%短縮することができます。
これらがコストダウンと加工時間の短縮につながります。

ガスアシスト成形は、製品の設計によって、ガス注入口の配置方法や成形時のガス注入タイミング等が変わってきます。ぜひ開発段階からご相談いただくことをお勧めします。

TOP